第155回芥川賞受賞作品
「コンビニ人間」 村田沙耶香著 を読みました

感想はひと言で言うと、「怖い」です

「普通」から排除される「普通じゃない人達」
なんだか身につまされて、怖かった…

心が動かされたということでは大いに動かされた
のですが…もう読まないかな


第155回の芥川賞には山崎ナオコーラの「美しい距離」
もノミネートされていたと知り嬉しくなりました

私的には
「美しい距離」は 静かな光 のようなイメージの作品で
「コンビニ人間」は 漆黒の中、小さな穴に吸いこまれていく
 ようなイメージです

どちらも凄いと思います 作家って凄いわ~






また、ちょっと前に 第154回芥川賞
「異類婚姻譚」 本谷有希子 を読みました

こちらは不思議なお話で、川上弘美作品を
思い出しました
まぁそんなところでしょうか

↑表紙の感じも不気味ですw