先日 地上波で「千と千尋の神隠し」が放送されて
またまた見てしまいました。

ジブリ映画は好きで、ティーンエイジャーに
「風の谷のナウシカ」を見てから
後 ほとんどの作品を見ていると思います。



↑という本を読んでしまいました。

押井守さんは「うる星やつら」「機動警察パトレイバー」の
監督さんであり、宮崎駿監督や鈴木敏夫プロデューサーとも
親交のある人です。

内容はなかなかの罵詈雑言(?)w

映画を評論するということは、
そうゆう風に映画を見なきゃいけないのか~、、、

う~ん(・ω・` ) つまらなそう。
と、素直に思ってしまいました。

私は映画評論家ではないので、、
これからも、目と心で感じたままを楽しみたいな。
と、思いましたw

実際、押井監督が高畑監督と喧嘩になった話などもあり、
ジブリ側と良好な関係なのかはよくわからなかった
のだけど、

「ハウルの動く城」に出てくるサリマン先生の犬
ヒンが、押井監督がモデルらしいのでw
仲は悪くはないのかも?

ヒン


全体に宮崎監督や鈴木プロデューサーへの
悪口雑言集とも言えそうな内容でしたが(^_^;)

なんだかんだ言って押井さん宮崎監督のこと
大好きなんじゃないの?
って思ってしまったんだけど…

そんなことない?

ブログに来て下さって、ありがとうございます。
応援していただけるとうれしいです

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ






忍び_convert_20190403211108

「忍びの国」
2017夏公開作品
主演・大野智(嵐)

見てみました

嵐の大野君主演の時代劇

実に大野君の為の映画という印象ですw

全体にあまりいい映画作品とは
思えませんでした

せっかくアクションシーンはいい感じ
だったのかもしれませんが…

そもそも映像のアクションシーンに
興味のない私にはどう見ることも
できず



最後、エンドロールの

エグゼクティブプロデューサー
藤島ジュリーK.


に見入ってしまった



そしてもう一つ



2017春公開作品
「SING」
見ました

イルミネーションスタジオ(怪盗グルー)と
ユニバーサルスタジオが作った作品です

アニメーションは好きなので
地上波で放送されるのが
嬉しかったのですが…

作品としては
いまひとつでした


洋画によくある
弱者(?)に対してバカに
している様な表現が
全然面白くもなんともないけれど
あれはどうゆう風に
見ればいいのかな…
文化の違い?


ということで…
また地上波で
いい作品、おもしろい作品の
放送を期待したいと思います