第155回芥川賞の作家村田沙耶香さんの
エッセイを読みました

とても とても面白かった(* ´ ▽ ` *)

芥川賞作品の「コンビニ人間」が怖かったので
(凄い作品であることは分かったけど、怖かった)

こんなにもかわいい人だとは想像していなくて…

読み終えた今、村田さんが大好きになってしまいました。


私が魅力のある人間であったなら、
学生時代にお会いして、友達になりたい所です!
(現実には年齢も全然違うけど)


まあ、ずっと誰からも選ばれない人生を送ってきましたがね…
人気が無いのよね、ずっと。
友だちができても、いつも去られ人生でした(涙)

大人になってから近寄ってくる人は、
宗教関係かマルチの人だったなぁ(´_ゝ`)。。。


今も一人も友だちはいないけど(汗)
なんとか、幸せに生きていこうと思っています☆彡


ま、とにかく(;'∀') 
村田沙耶香さんの作品はこれからも
注目していきたいです(^-^)/





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

となりの脳世界 [ 村田沙耶香 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2019/10/20時点)







山崎ナオコーラの「偽姉妹」読みました

おもしろかったです

いつもながら着眼点がすごいなぁと


また、山崎ナオコーラを好きになってしまいました

ずっと注目していきたい作家さんの一人です



内容は
ちょっと身に染みて
怖いなと思った所もあって…

できれば
私もきょうだいに
捨てられたくないなってw

思いました


友達と呼べる人は1人も居ないしw
(自慢にならない
きょうだいに捨てられたらと思うと

ほんと怖い